メインイメージ画像

面接時よりもずっと気をつけなければならない事

サービス業である飲食店の仕事へ転職を考えている人はどんなことなどを気をつけたらよいと思われますか。自分が厨房で料理する側で転職を考えているなら、当然調理の腕前がポイントになりますね。それとは別に、接客業の方を希望しているのなら、面接はとっても重要ですよ。面接側は面接を受けている間のあなたの受け答えを実際に接客している時としてあてはめて観察しているからです。言葉、挨拶、姿勢など、他の面接時よりもずっと気をつけなければならないでしょう。そして、今までのスキルが重要視されるのも接客業ですね。転職はどちらかといえば経験が多い場合が有利に働く時がありますよ。

前歴だけではなく、今までにバイトなら飲食店で経験したことがあるなら、積極的にアピールして、自分が勤務したら即戦力になるのを店側に印象づけて下さい。

転職することを決めて、ようやっと面接にたどり着きました。面接の当日も満足に運ぶことができてホッと一安心でしょうか。だけど、それだけで終わらないで下さい。面接後には相手側の企業にすぐお礼状を送りましょう。時間が無い中、面接をしていただき、ありがとうございました。という内容で感謝の想いを書きましょう。

次に、面接を通して印象に残った事など、付け足して書き添えるのもよいでしょうね。参考になるお話を聞く事ができました等、それほど長くはならない文章で書くといいです。そして、なるべく面接を受けにいったその日中に投函する事。遅くとも次の日には送りましょう。お礼状は封書で送付するのが、常識ですが、更に、担当者にメールを送信するのも良いと思います。

更新情報