メインイメージ画像

セキュリティソフトの警告をより分かりやすく利用する事について

PCにはセキュリティ機能が必要です。セキリティ関連のツールには、警告の機能があります。もし何かの脅威が発生した時には、それがすぐに警告文として出る機能が導入されているのです。たくさんの人々に知られたセキリティ用の方法は、いわゆるウィルスを駆除するタイプのソフトウェアです。パソコンを使用している方々は、普段からインターネットを使用する機会も非常に多いですが、そもそもネットでブラウジングとかをする時には多様な脅威に直面する事になります。

どこかのホームページを閲覧すると、それだけでウィルスなどに感染してしまう危険もあるので、多くの方々はその安全などに関わるソフトを利用しています。

このような安全のためのソフトは、ウィルス感染などの危機に直面した時に働きかけてくれるケースが多いです。例えばどこかのホームページを訪れて、ウィルスに感染しそうになったとします。そのような状況で、直ちにソフトがその警告をしてくれるのです。たいていのソフトは、ポップアップによってその脅威が表示されます。

そしてウィルスをどのように駆除するかに関する選択を求められます。隔離や駆除など様々な選択肢が提示され、その中からユーザーが選ぶケースがほとんどです。ただしその警告文の表示などは、自分なりにカスタマイズをする事も可能です。人によっては、パソコンの操作をしている時にポップアップが表示されるのを、あまり思わしくないと感じている人々もいます。

そのような時には、警告文を表示させる方式を変える事ができます。また警告が表示されるのは、基本的にはリアルタイムです。

しかしリアルタイムに表示したくないと感じる場合は、それもカスタマイズをする事ができます。ある程度ソフトを使い慣れている人は、自分好みにカスタマイズしている事も珍しくありません。